This post is also available in: enEnglish ja日本語 thไทย

インコタームズ CIFとは

CIFは、Cost, Insurance and Freight (…named port of destination/輸入港の名前が続く) の略称で、貿易条件の種類であるインコタームズの一つです。

運賃と保険料を輸出者が負担する取引条件のことを指し、日本語では、運賃保険料込条件とも言います。

FOB条件などの場合に輸出者が負担する船積までの費用に加え、CIF条件では、輸入港到着までの運賃と保険料を負担する取引条件となっています。

CIFの特徴

・危険負担と費用負担の移転時点が異なる。保険は輸出者負担

CIF条件では、危険負担と輸送費や保険などの費用負担が輸出者から輸入者へ移転するタイミングが異なる点が特徴的です。

危険負担については、貨物の引き渡し場所である、輸出港に停泊する船の甲板上で輸出者から輸入者へと移転します。一方、船の運賃や海上運送に掛けられる保険料は輸出者が負担します。

つまり、輸出者の危険負担は輸出港の船上までですが、運賃と保険料に関しては輸出地から輸入港までは輸出者が負担しなければならないということです。

したがって、運賃についてはFreight Prepaid(運賃元払い、売主負担)と言って、輸出者の側が負担する条件ということになります。

危険負担と費用負担の移転時期が異なるのは、CIF条件の他、CIP、CFR、CPTの各条件です。これらはC類型と呼ばれています。CFRについては後ほど説明します。

ちなみに、保険については、最小担保条件の保険であるFPA条件での保険を掛けるものと定められています。もし輸入者側がそれよりも広い範囲をカバーする保険を希望してくる場合は、双方合意の上で契約条件に明記する必要があります。

※CIFで売主(輸出者)に義務づけられている保険条件は、最低限の填補範囲であるICC約款(C)と規定されています。買主(輸入者)がそれより広い填補範囲の保険条件を求めてくる場合は、契約段階で合意しておく必要があります。

CIFにおける貨物の引渡し場所、費用負担・危険負担の分岐点

・引き渡し、危険移転は本船積み込み時、費用は輸入港まで輸出者が負担

CIF条件では、貨物の引き渡しは本船積み込み時に完了するとされています。船舶の甲板に貨物が接地(タッチダウン)した時点で危険負担も輸出者から輸入者へと移転します。

ただし、保険と運送にかかる費用については、積み込み後、船が輸入港へ到着するまでの区間についても、輸出者側が負担することとなっています。

ちなみに、最新版であるインコタームズ2010において、長年にわたり、FOB、CFR、CIFの各条件で危険負担の分岐点として想定されていた「本船の手すり (Ship’s Rail)」の文言が削除され、物品の危険は「物品が本船の船上に置かれた(On board)」時に売主から買主に移転するとされました。

ですから、CIF条件で貨物についての責任が移転するとされている本船積み込み時とは、厳密に言えば貨物が船の甲板に置かれた時点ということになります。

CIF取引をコンテナ輸送に用いる際の問題点

・積み込み業務を担う者と責任者が異なるのでリスクとなる可能性が

コンテナを使用する海上輸送の場合、コンテナをターミナルから船舶上に積み込むのは、実際には港湾業者や船会社が行う業務です。

そのため、輸出者は積み込み作業を自社でコントロールすることができません。しかしCIF条件では、積み込みの間の責任も輸出者にあるとされるので、その間のリスクを抑えるのが難しくなってしまいます。

コンテナ輸送の場合、CIF条件の代わりにCIP条件を使用すべきとされています。CIP条件の場合、貨物が運送人の管理下にあるコンテナヤード(CY)で引き渡され、輸入者指定の運送人の管理下に置かれた時に貨物の引き渡しが完了し、危険負担が輸入者に移転します。

しかし実際には、CIFは歴史の長い伝統的規則であるため、コンテナ輸送であってもCIF条件を用いるケースがまだ残っています。実際、実務的にはCIP条件などの条件はほとんど使用されておらず、リスクを含んだままCIF条件などの昔からある条件が多用されているようです。

先ほども述べたように、CIF条件ではコンテナヤードから船積みまでの間、実際に作業するのは港湾業者等であるのに、責任は輸出者にあることになってしまうので、特に輸出者にとってリスクとなります。

インコタームズ CFRとは

CFRとは、Cost and Freight (…named port of destination)の略称で、日本語では運賃込条件と呼ばれます。

CFRは、CIFから輸出者の保険料の負担を除いた条件です。貨物の引き渡し場所と危険移転は輸出港に停泊する船の甲板上に貨物が接地した時でCIFと同じです。

実務においては伝統的な表現であるC&Fと表現されることも多いようですが、正式にはCFRが正しい表記とされていますので、契約書などではCFRと記載しましょう。

まとめ

今回は、CIF条件とCFR条件について詳しく見てきました。
CIFやCFRなどのC類型に分類されるインコタームズでは、危険負担と費用負担が輸出者から輸入車へと切り替わる時点が異なります。

そのため、これからインコタームズを学ぼうとしている人や、貿易の初心者の方にとっては理解しにくい部分があるかもしれません。しかし、保険や運賃の費用負担と、事故などがあった場合に責任を負う危険負担を分けて考えると理解がしやすいと思います。

これはどのインコタームズにも言えることで、以下に挙げる貿易条件を構成する3つの要素を別々に考えることで混乱を避けることができます。

・貨物の引渡し場所
・危険負担の分岐点
・費用負担の分岐点

また、FOB条件などと同様、CIF条件やCFR条件は本来的には在来船輸送に用いられるべきタームだとされていますが、これらもやはり慣習的にコンテナ輸送にも用いられているのが現状です。

取引相手の要請などで、これらの条件をコンテナ輸送に使わざるを得ない場合、積み込みに際してリスクとなり得るということを把握した上で交渉するべきでしょう。

さらに保険については、輸出者が義務付けられているのは最低限の填補範囲ですが、これについても取引相手と契約内容を確認しておく必要があります。

CIF条件は、比較的良く用いられる契約条件です。良い取引のために、内容についてしっかりと理解しておきましょう!