This post is also available in: enEnglish ja日本語

インコタームズ FOBとは


・船舶の甲板で責任が移転する取引条件

FOBは、貿易の取引条件を示すインコタームズと呼ばれる略称の一つです。日本語では本船渡し条件、または甲板渡し条件とも言います。

FOBは、輸出地の港に停泊する船舶の甲板において、費用や危険負担の責任が移転する取引条件のことです。

FOBは英語のFree On Board の略称で、この場合のBoardは船舶の甲板を指します。ですからFOBとは、「船舶の甲板において、輸出者が責任から自由になる(責任が輸入者へ移転する)」という意味になります。

船積書類などには、「FOB TOKYO」のように、FOBの後には輸出港の名前が表記されます。「FOB TOKYO」であれば、「東京港に停泊する船舶の甲板において、責任が輸出者から輸入者に移転する」という意味になります。

FOBの特徴

・輸出港で責任が移転するので、責任負担は輸出者より輸入者が重め

船舶の甲板が責任移転の場所に指定されていることからもわかるように、FOBは主に船舶輸送の際に用いられる取引条件の一つです。

輸出港の船舶上で責任が輸出者から輸入者へと移転するので、輸出者にとってはリスクが比較的少なく、輸入者にとっては、EXWよりは責任範囲が狭いものの、一定以上の取引経験やリスクヘッジが求められる条件と言えます。

FOBにおける貨物の引渡し場所、費用負担・危険負担の分岐点

・船舶の甲板で責任が移転するが、船の予約は輸出者が行うこともある

FOBでは、費用や危険負担の責任は、船舶の甲板に貨物が接地(タッチダウン)した時点で輸出者から輸入者に移転することになっています。ですから、責任負担という意味では、船の甲板が貨物の引き渡し場所であると考えることができます。

貨物が船舶に積載されてからは、輸入者が責任を負いますが、貨物が積み込まれる船の予約については、実際には輸出者が行うこともあります。

ちなみに、最新版であるインコタームズ2010において、長年にわたり、FOB、CFR、CIFの各条件で危険負担の分岐点として想定されていた「本船の手すり (Ship’s Rail)」の文言が削除され、物品の危険は「物品が本船の船上に置かれた(On board)」時に売主から買主に移転するとされました。

FOB取引をコンテナ輸送に用いる際の問題点

・積み込み業務を担う者と責任者が異なるのでリスクとなる可能性が

コンテナを使用する海上輸送の場合、コンテナをターミナルから船舶上に積み込むのは、実際には港湾業者や船会社が行う業務です。

そのため、輸出者は積み込み作業を自社でコントロールすることができません。しかしFOB条件では、積み込みの間の責任も輸出者にあるとされるので、その間のリスクを抑えるのが難しくなってしまいます。

これに対し、FCA条件では貨物が運送人の管理下にあるコンテナヤード(CY)で引き渡され、輸入者指定の運送人の管理下に置かれた時に貨物の引き渡しが完了し、危険負担が輸入者に移転します。そのため、コンテナ輸送ではFOBよりもFCAを使用すべきということになります。

しかし実際には、FOBは歴史の長い伝統的規則であるため、コンテナ輸送であってもFOB条件を用いるケースがまだ残っています。

先ほども述べたように、FOB条件ではコンテナヤードから船積みまでの間、実際に作業するのは港湾業者等であるのに、責任は輸出者にあることになってしまうので、特に輸出者にとってリスクとなります。

輸出者側から見たFOB

・比較的負担の軽い条件だが、業務の範囲には注意して契約を

FOBは、輸出者側は自国の港までの責任を持てば、その後の船舶輸送や輸入地での輸送は輸入者に委ねることができるので、比較的責任負担の軽い取引条件だと言えます。

ただ、船舶の予約などを行う必要がある場合もあるので、業務範囲については取引相手との協議に注意が必要です。

またFOBは本来、在来船での輸送に使用されるべき取引条件ですが、長年にわたって頻繁に使用されてきた条件であるため、在来船を使った取引に限らず、取引相手からFOB価格の提示を求められることがあります。また、コンテナ輸送であってもFOB条件での取引を持ちかけられることも少なくないようです。

輸出者としては、リスクを避けるためには、コンテナ輸送の場合はコンテナターミナルなどの運送人の施設で責任が移転するFCA条件をFOB条件の代わりに提案するのが望ましいとされています。

輸入者側から見たFOB

・輸出国での知見が必要

輸入者にとっては、船舶輸送全般から荷揚げ、陸上運送と、輸送の多くの部分について責任が生じるため、一定以上の貿易経験が必要となる取引条件だと言えるでしょう。

自社が輸出国のフォワーダー等と取引経験があり、良い条件で確実に輸出地での船積みを依頼することができるなど、安全な取引に自信のある場合でなければ、他の取引条件での交渉を行ったほうが良いかもしれません。

まとめ

今回は、FOBについて詳しく見てきました。

FOB条件は、輸出港に停泊する船の甲板上で責任が移転します。現在主流となっているコンテナ輸送の場合、積み込みの際に責任の面で問題が生じる可能性がありますが、長く利用されてきた貿易条件でもあるため取引に用いられる機会は少なくありません。

輸出者、輸入者どちらの立場の場合でも、見積もりや取引にあたってFOB条件について正確に理解しておくことは重要です。
FOB条件での取引を考える際は、そのメリットやリスクについて十分に検討した上で契約を結ぶことが望まれます。