This post is also available in: enEnglish ja日本語

EXWとは

EXW(エクスワークス、またはイーエックスワークスと読む)は、貿易の取引条件を示すインコタームズと呼ばれる略称の一つです。日本語では工場渡し条件、または工場引き渡し条件とも言います。

EXWの特徴

・EXWは売主にとって最も負担の少ない貿易条件!

インコタームズには、全部で11種類の貿易条件がありますが、EXWはその中で最も売主にとって負担が少なく、リスクが小さい条件です。

EXWにおける貨物の引渡し場所

・売主の工場や倉庫などで引渡しが完了。積み込みも買主が行う

EXWでは、売主は工場や倉庫などの自社敷地内において、貨物を買主に渡します。

売主は、基本的に貨物を自社の施設に置いておくだけでよいとされています。ですから、貨物のトラックへの積み込みも、基本的には買主が行います(ただ、積み込みの補助を買主から求められた場合には、売主は協力しなければなりません)。

EXWにおける費用負担・危険負担の分岐点


・EXWでは、売主の拠点で費用・危険の負担が買主へと移転する

EXWでは、売主が自社の拠点である工場や倉庫などにおいて貨物を買主に引き渡した時点で、費用と危険を負担する責任が買主へと移ります。

つまり、引き取りに用いるトラックの経費などの輸出国での輸送費用から、輸出通関、船・飛行機等の運賃、輸入地での輸送費用まで、その後の費用や危険は全て買主が負担することになります。

インコタームズとして定められた11規則の中で、買主側が輸出国での輸送費用や、輸出通関の費用を負担する規則はEXWだけとなっています。

ただし、売主も、関係省庁から輸出認可を取得したり、輸出通関を行う際に輸入者が必要とする情報を提供したりすることについては、助力義務があると定められています。

輸出者側から見たEXWはどんな条件?

・輸出者にとっては最も負担の少ない貿易条件! 貿易初心者におすすめ

EXWは、売主にとって最も義務とリスクの負担が少ない貿易条件だと言われています。

輸出者側から見れば、商品を期日内に生産し、自社の敷地内で買主に貨物を引き渡せば後はほぼ全ての業務を、買主である輸入者が行ってくれるということになります。

そうした意味では、これから海外への輸出を始めようとしている場合や、輸出先の国が初めての貿易相手国である場合などに適した貿易条件だと言えます。

輸出経験の少ない事業者などは、まずEXW条件での取引を検討してみると良いかもしれません。

輸出者側のメリットとデメリット

では、輸出者側から見たEXWのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

輸出者側のメリット

・輸出者側はコストや危険が少なく、手続きも最低限で済む

まず、貨物を自社の敷地で引き渡すだけで良いので、運送費用などのコストが最も低く抑えられます。
また、事故や誤配など、運送の間に生じる可能性のある危険についても輸入者側が責任を負うので危険負担も少なくて済みます。

さらに、フォワーダーなどとの契約や、通関などの事務手続きも輸入者側の義務となるので、輸出に伴う業務の負担も最小限となります。
こうしたメリットをまとめると、以下のようになります。

輸出者がEXWを利用する時のメリット

・ 運送などの費用負担が最も抑えられる
・ 事故などがあった時の危険負担が最も少ない
・ 通関などの貿易手続きを行う必要がない

輸出者側のデメリット

では、EXWでは輸出者にとってのデメリットはないのでしょうか? 確かに、EXWは最も輸出者の負担が少ないと言われていますが、買主との関係を考えると、立場的に不利になることも考えられます。

実際の取引を考えてみましょう。

EXW条件で輸入を行う場合、事業者は相手の敷地内での貨物引渡し後、全ての運送業務を自社で手配しなければなりません。そのためには、貿易取引について熟知している必要があります。つまり、EXWにおける輸入者は、貿易のベテランである可能性が高いのです。

このような取引相手に対し、輸出者が価格面で良い条件を引き出すことはかなり難しいと考えられます。相手は貿易の上級者である上、運送などのリスクを引き受けてくれるのです。

比較的経験の浅い輸出者の場合、EXWではこうした理由から国内外の販売価格を利用して大きく儲けるといったことは難しくなる可能性があります。

デメリットをまとめると以下のようになります。

輸出者がEXWを利用する時のデメリット

・ 貨物受渡し以降の輸送手段などを選ぶことができない
・ 買主が多くの業務を負担するため、価格交渉において不利になることも

輸入者側から見たEXWはどんな条件?


輸入者側から見ると、EXWは貿易相手国における輸送から全て自社で手配する必要があるので、現地の取引に慣れているなど、豊富な経験や知識が必要とされる条件です。

輸入者側のメリット、デメリット


今度は、輸入者側からみた場合、EXWにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを考えてみましょう。

輸入者側のメリット

EXWは、輸入者にとって良い点もあると考えられます。EXWでは、自社で運送会社や保険会社を選択することができるので、そうした意味でもEXWが買主にとっては最も安く輸入することができる条件だと言われています。

さらに、輸送などの手間を全て自社が負担することで、取引相手との交渉において有利な立場に立つことができるので、値下げなどの有利な条件を相手に受け入れさせやすくなります。

輸入者がEXWを利用する時のメリット

・ 商品を最も安く輸入することができる条件と言われている
・ 輸送や危険の負担を担う分、取引相手との交渉において有利な立場に

輸入者側のデメリット

輸入者側のデメリットは、やはり輸送に伴う危険を最も幅広く負担しなければならない点でしょう。輸出者の敷地から、あらかじめ定められた国内の地点まで、全てのリスクについて責任を持たなければなりません。

また、輸出国での輸送や輸出通関を行わなければならないため、取引を行っているフォワーダーがそれらの手配をすることができるか確認する必要もあります。

もし取引先のフォワーダーがそれらの業務を行うことができない場合は、他のフォワーダーを探すか、EXWの使用を避けて契約しなければなりません。

輸入者がEXWを利用する時のデメリット

・ 危険や費用の負担について、最大の範囲で責任を負う必要がある
・ 輸出国での通関やフォワーダーの選定などについて、高い能力が必要とされる

まとめ

今回は、EXWについて詳しく見てきました。輸出者・輸入者の双方の立場からEXWの条件を考えていますので、自社の状況に照らし合わせてお読みいただけるとよりイメージしやすいかと思います。

EXWは、インコタームズの中では最も輸出者側の負担が少ない条件ですので、これから海外展開を考えている会社などは、取引相手に一度EXWでの取引を打診してみるのも良いかと思います。

また、輸入者の場合も価格を抑えたい場合は、EXWで輸入を行うことができないか、フォワーダーなどと相談して検討してみると良いでしょう。