This post is also available in: enEnglish ja日本語 thไทย

BL Flow

貿易においてB/L(船荷証券)は非常に重要な役割を持ちます。今回はB/Lの役割について分かりやすく解説をしていきたいと思います。

B/Lとは

簡単に言えばB/Lとは「貨物受領書類」&「貨物引渡し書類」です。B/Lを発行するのは輸出者側の船会社で、船が港を出航したタイミングで発行されます。そしてB/Lがなければ輸入者は港に到着した貨物を引き取ることが出来ません。故にB/Lを紛失してしまうと大問題に繋がってしまいます。

取り扱いの流れとしては輸出側で船会社からB/Lが発行されると輸出者に送られます。国際貿易の中では製品(モノ)と製品代金(カネ)のやり取りにこのB/L(カミ)が活用されるケースが多々あります。貨物が完成し、船積みを完了したとしても輸入者側からの代金が支払われていない場合、輸出者側はB/Lを差し押さえる事で代金回収リスクを防ぐことが出来ます。

反対に輸入者が製品代金を支払ったにも関わらずB/Lが送られてこないケースも稀にあります。それを避ける為に貿易取引ではL/C(Letter of Credit)を利用する事もあります。L/Cについての詳しい説明はまた別の機会にしますが、L/Cを使う事で輸出者は代金回収リスクを避け、輸入者は支払ったにも関わらず製品未納リスクを避ける事が出来ます。


※オリジナルB/Lを使用した流れの略式図です。
bl flow

以下にB/Lの種類とその役割について解説します。

オリジナルB/L

通常B/Lはオリジナルという「原本」を売り手(輸出者)と買い手(輸入者)の間で貿易取引に用います。このオリジナルB/Lの原本を買い手(輸入者)が入手出来れば貨物を港から取り出す事が出来ます。

オリジナルは3部発行されます。3部発行される理由としてはB/Lの紛失を防ぐ為です。オリジナルB/Lは「原本」を輸出者から輸入者にDHLやFEDEXなどのクーリエ便で郵送します。1度に3部送るのではなく、飛行機を2便、3便と分けて送る事でB/Lの紛失リスクを防ぐことが出来るのですが、3部分けて送っている会社様を私は見たことがありませんが。

original BL

サレンダードB/L

サレンダーとはB/Lの元地回収の事です。上述したようにオリジナルB/Lでは原本が輸入者側に到着しないと貨物を港から引き出すことが出来ません。ですが輸送先が近い場合(バンコクからホーチミンなど)や船足が早い便で貨物を輸送した場合、貨物がB/Lより早く港に到着してしまう事はよくあります。スピーディーに貨物を取り出す為にB/Lを輸出者側(元地)で回収するのがサレンダーです。

この場合、輸出者側から船会社にサレンダーのリクエストをして、サレンダー費用を船会社に支払います。タイだとサレンダー費用はTHB 1,300 – 1,500/BLくらいです。B/Lに”Surrendered” というスタンプが押され、輸出者はその書類の「コピー」をメールやFAXで輸入者に送り、このB/Lのコピーで貨物の引き出しが可能になります。

輸出者がオリジナルB/Lを輸入者に送らず、代金の入金確認が出来たらB/Lをサレンダーして、そのコピーをメールするというケースはよくあります。輸出者が船会社にサレンダー費用を支払うのは輸入者から代金の回収について問題がないからですね。

surrendered bl

Sea Waybill

Sea WaybillはB/Lとは違い有価証券ではありません。故にSea Waybillを使って貨物を輸送すると輸入者側の商品代金の有無は関係なく、輸入者によって貨物が港で引き出すことが出来るのです。

オリジナルB/LやサレンダードB/Lと比べて、Sea Waybillが発行されたら貨物が取り出せるというスピードのメリットはあるのですが、輸出者側に代金回収リスクが生まれてしまいます。またSea Waybillは有価証券ではないのでL/Cにも利用される事はほとんどありません。

故にSea Waybillは輸出者と輸入者の間で長く取引があり信用がある場合や、子会社・グループ会社間で信用が確保されている場合に利用されます。稀にお客様(輸出者)からSea Waybillを依頼されることがありますが、Sea Waybillの特徴をしっかりと説明させて頂いております。

waybill

まとめ

今回はB/Lについての基本概要を説明しましたが、今回の内容は「モノ」・「カネ」・「カミ」の概要を理解する為に事務取引の手順を一部省略して解説しています。貿易実務担当者であれば上記の内容を理解していることが最低条件です。まずは概要を理解しましょう。